ぶろん氏は語る

僕達は独りじゃない

友達の作り方とは

 

寝ている時間の方が長い。症状が比較的落ち着いているので睡眠薬が効き過ぎているのであろう。今日はAbemaTVでビッグバン・セオリーを観ていた。シェルドンの論理的思考力と変人ぶりがとても好くて思わず魅入ってしまった。新しい友達を作るために現在の友達にアンケートを取る件であるとか、友達の作り方をフローチャート形式にして新しい友達と趣味を共有することで親睦を深めようとする件は最高であった。私も、シェルドンが生み出した友達の作り方のフローチャートが欲しい。高望みなのは承知しているが、そろそろ新しい友達が欲しいのだ。

 

アプローチの仕方を変えた方が良いのかもしれない。

 

実は私は4歳の頃から英語力を重視した塾に11年間通っていたことがあり、不登校サボタージュをしていた期間も含めて英語では常にほぼトップクラスの成績を保っていたのだが、実力の目安になる資格としては小学生の頃に取得した英検5級で止まっているのである。その上、高校から除籍扱いにされることを決めてから全く勉強をしなくなってしまったのでブランクがある。そのブランクをこれからみっちり埋めていこうかと悩んでいるのだ。

 

高卒認定試験にも、高校3年生にあたる歳で元妹の面倒を看たり高校で修得した単位を活用したりした上で合格している。その資格を活用した上で別の資格を取得するのも悪くないかもしれない。学歴が無ければ資格で補えばいい、という持論が私の中で在るのだ。初期投資、試験費用と出費が嵩む部分はあるが、資格は一生ものである為、多少無理をしてでも捻出して損はないだろう。所謂他者から見た娯楽の数々にも多少飽きが来ているので何とかしたい。そしてゆくゆくは新しい友達を得たい。