ぶろん氏は語る

僕達は独りじゃない

星空の行方

 

夜の帳が下りる時

星が舞い

月が昇る

 

地を這うネオンと

自動車の群れは

星の行方を

晦ませる

 

月の灯りも

秘めやかな

人の灯りで

隠されそうだ

 

煙を吐いて

息をつく

地に降りた星と

惑星の群れ