ぶろん氏は語る

僕達は独りじゃない

懐古録

 

潜在意識の

泥濘の底へ

滲みる涙の一雫

 

過去は濁りし

今も浅瀬で

呼吸する様

憐れなり