ぶろん氏は語る

僕達は独りじゃない

働けなくても働きたい

 

「試運転してもいいのよ」と主治医に言われたが、まだそこまで気力と体力が無い自分が歯止めをかけている。今日も殆どカット野菜と油揚げとご飯だけで食事を済ませた。家の掃除もしなくてはならないのに全く出来る気がしない。

 

AbemaTVでやっている『甘々と稲妻』の一挙放送を観ていた。愛の在るべき姿というのがこの作品には込められていると思うし、食事シーンはとても愉しく観る事が出来た。

 

私は、愛の込められた食事というものを長らく食べていない気がする。恋人に作る料理には愛を込めているつもりだけれど、上手くいかない事のほうが多いし、最近は互いの生活リズムがバラバラなのもあって何も作ってあげられていない。してあげたいことは沢山あるのに、私が不器用なせいで迷惑ばかり掛けてしまう。

 

話は戻るが、時間潰しの手段というものを改めて考えなくてはならない。私は紙の本は読めないし、大体の趣味にも飽きが出てきた。小学の金で満足出来る事があれば是非とも教えて欲しい。

 

カスタムドールの話

 

中野のカスタムドール店であるパラボックスに久々に顔を出したら、アンジェラSの彩色済みヘッドとオビツ11とアクリルアイがセットになったものが売っていたので思わず買ってしまった。通販で買うのと実質的に変わり無い価格で入手出来た上に、カスタムする手間が省けた。然しながら首関節が緩すぎて吃驚した。抜けはしないがこの関節の保持力の無さはガンプラのドラド辺りに匹敵すると思う。

 

ウィッグはモヘアと決めているのでモヘアのハニーブロンドを、服は去年買ったおでこ靴を活用すべくドレスものにした。これから靴だの目だのウィッグだのと服だの靴だのでハマっていきそうで怖い自分が居る。現に理想のワンピースを求めてminneとヤフオクとメルカリを行ったり来たりしているのである。モヘアは本当は白が良いし、アクリルアイも紫にしたいのだが、お店に在庫も無ければ経済的余裕も無いので、そんな欲求は来月以降に放り投げなければならない。

 

さて、この私を惹き付けて離さないカスタムドールを持ち歩きたいのだが、ケースに悩んでいる。調べてみたところ100均の眼鏡ケースが良いと書かれていたので手持ちの100均ではない眼鏡ケースを使ってみたのだが、頭のせいで閉まらなかった。100均の眼鏡ケースならそんなことは無いのであろうか。然しながらわざわざ眼鏡ケースを買うというのも些か変な話である。安全でコンパクトな状態で持ち歩く手段は無いのであろうか。今のところフリーザーバッグに入れて余った部分を只管くるくる巻くのが一番良い手段の様な気がする。とか何とか言っておきながら小さめの鞄にそのままねじ込んでしまうのが私なのである。他にも良い手段があれば教えて頂きたい。

支給日の話

 

きょうは生活保護の支給日であった。家賃、携帯代にタバコのリキッド代、光熱費の支払いを済ませて一人でカラオケに行ったが、大して面白くも無かったので早々に済ませ、昼飯を食べて新宿のヨドバシカメラへ向かった。ガンプラフロアを観たものの組みたいと思えるような機体も無く、大人しくトミカフロアで光岡のオロチを2台買って帰った。光岡自動車のオロチは私にとって大好きな車なのである。もう車としても販売しないと云うし、私のこれからの収入で手に入るものとも到底思えない為、せめて模型だけでもと思って買った。

 

今月は上手くやり繰りするのが目標である。上手く出来るかはかなり不安なところであるが、3食米に業務スーパーの冷凍のカット野菜と油揚げをおかずにすれば問題無さそうな気もする。私はご飯のおかずになればおかずの味付けは何でも構わないので、塩胡椒だけでも充分に美味しいと感じるのだ。

 

明日はX8Jの代金の支払いと、銀行の残高を1円にして、業務スーパーで油揚げと冷凍カット野菜を買いに行く予定である。今日かなり動いてしまったので体力が残っていることを祈りたい。

体力が無い

 

昨日彼方此方へ出向いたので今日はとても疲れていて動けそうにない。いつもの様にゲームをする気力すら残っていない。電子タバコを吸いながら息も絶え絶えと言った感じでこの文章を書いている。出来れば眠りに就きたいが、眠気はそこまで迫って来ていない。困った。私にはどうすることも出来ない。

 

とか考えている内に寝てしまった。起きてから電子タバコ代を支払いに行き、銀行に寄ったらATMの受付が閉まっていた。今日が祝日であることをすっかり忘れていたのだ。取り敢えず業務スーパーで冷凍カット野菜と油揚げととんこつラーメン5食を買い、いつもの個人商店で紙巻き煙草を1カートン買って帰って来た。

 

最近疲れ過ぎる。ほぼ毎日外に出ているからであろうか。金銭のやりくりが元から下手糞なので今月こそは上手くやりたい。

 

愛煙家の悩み

 

電子タバコを注文したお店から、欠品していた商品が届いた。これで当分の間は電子タバコについて困ることは無さそうだ。おまけで付いてきたリキッドをアトマイザーの中で混ぜて吸うのが楽しい。今はチョコとミルクを混ぜて吸っている。

 

紙巻き煙草から離れたいが、ニコチンが入っていないリキッドを吸っている以上はどうしても難しいので紙巻き煙草も引き続き買ってしまう。明日にはニコチン入りのリキッドを輸入代行してくれる会社に入金が出来るので、届くまでの間は紙巻き煙草と並行で電子タバコを使っていくことになりそうだ。

 

今のところ、電子タバコを吸い始めてから良かった点は、間食の抑制が出来る様になったことであろうか。選んだリキッドが全てある程度の甘味を持ったものばかりなので、お菓子を食べたいという欲求が減った。ご飯はしっかりと食べているのに食欲が湧いて仕方が無かったのが少しでも改善されたのは有難い事だ。ゆくゆく仕入れるニコチン入りのリキッドで紙巻き煙草に対する欲求も抑えることが出来れば万々歳である。そう簡単に事が進まないことは理解してはいるが、どうにかして改善したいとは常に思う。

忙しい一日

 

今日はケースワーカーが今借りている物件の更新金額を調べにやってきた。借りた時の保証会社への審査書類と、管理会社から届いた契約満期と更新について書かれた書類を渡し、渡された申請書に必要な項目を記入して返した。今回渡した物件に関する書類は、後で郵送で返して貰えるらしい。

 

ニコチン依存症が治らず、またわかばを買ってしまった。せめて減煙をと思い、とある輸入代行サイトで、ニコチン入りのリキッドを注文してみた。来月の生活保護費が入ったら入金して発送して貰う予定である。煙草代は少しでも減らしたいのだが、中々に難しい。出来れば月5000円以下に抑えたい。今回注文したリキッドだけで半年は保つ算段であるが、上手く出来るであろうか。判らない。

 

昨日問い合わせた店に、「メールでも問い合わせた」と前置きした上で、欠品について電話をしたところ、今日付けで不足分の発送をしてくれるそうである。発送が早くとも頼んだ品が届かないのでは何の意味も成さぬと言いたいのを堪えながらの電話は中々気を遣うものであったが、送ってくれると言っている以上は良しとしたいところである。

 

考えが上手く纏まらないのは疾患のせいであろうか。早く立ち直りたいものである。

VAPERの試行錯誤

 

楽天市場の出店店舗より、予定より早く注文していたX8Jが届いた。届いたのだが、12本付いてくるというおまけのリキッドが10本しか付いて来なかった上に、4つセットで頼んだ交換用コイルが1つしか入っていなかった。早速問い合わせをしたが、今日は生憎と日曜日でお店の定休日である。お店からの返答は気長に待つ事にして、早速X8Jを使ってみた。

 

X8Jの特筆すべき点は、ボタンを3度押すだけで電源のオンとオフが可能になったこと、吸口が耐熱ガラスになったこと、水蒸気を発生させる電圧を自在に変えられるようになったことであろう。ボタンを3度押すだけで電源のオンとオフが出来、且つ電圧を自在に変えられるようになったことで、これまで何度も2秒間に5度押して様々な設定を変えなければならなかった点が格段に向上された。また、吸口が耐熱ガラスになったことで、長く楽しめる様にもなった。つまり、これまでよりも手軽に吸え、尚且つ長くリキッドを味わうことが出来るようになったのである。この点に関しては素晴らしい改良と言えよう。手軽に電源のオンとオフが出来る様になった点も影響しているのか、バッテリーの持ちも悪く無い。

 

おまけのリキッドと、別で注文したリキッドを吸い終えた時の為に、ニコチン入りのリキッドを探しているのだが、海外から輸入するにあたって送料が大きな壁となって立ちはだかっているのだが、「電子タバコ リキッド ニコチン入り」で検索したところ、個人輸入が許されている限界量である120ml分の注文で送料無料、という優しいお店を見つけた。リキッドが無くなりそうな際には是非とも利用したいところである。私のVAPERライフはどうにか続きそうだ。

 

躁転と鬱屈

 

「自分で自分のしていることが分からなくなる」と主治医に告げたところ、主治医はメモを取った。主治医は私がどんな状態であっても話を聴いてくれるし、時に応じてアドバイスも行ってくれる。今回の診察での終盤の話題となった、『仕事に就くこと』については、「先ずコンスタントに掃除や料理が出来るようになって、その後余裕が出てきてから仕事に就いた方が、長続きするのではないか」と頭でっかちながらも意見を述べると、「そうだねえ」と、主治医は静かに同意した。

 

生き急ぐように人生を過ごすことを悪いことだとは思わないが、それで身体を壊しては何の意味も無いのでは無いかと考えてしまう私は幼稚なのであろうか。これまでの波乱万丈と言っても決して過言では無かった人生に、今という存分の休養を与えることは、社会不適合者である自分には行き過ぎた配慮なのであろうか。解らないことが世の中には多過ぎて、流石の私も混乱の最中に身を置かれた気持ちである。居場所は自分の部屋の中にしか無く、私はたった一人で、部屋に在る有象無象の処理をしなければならない。これを面倒に思うか嬉しく思うかに依って病状回復の兆しが見えてくるのは解っているのだが、生憎と私は面倒に思ってしまった。

 

今日は高円寺フェスという地域の催し物らしきものの影響からか、町が混雑していて病院近くの自販機でストックのゴールデンバットを買うことは出来なかったが、その前に立ち寄った家の近くの自販機ではまたひとつだけ、今日の分のみではあるものの入手出来た。無いよりかは幾分かマシである。それにしても、病院近くの自販機前で煙草を購入していたと思われる子供連れの夫婦は、子供の健康について考えたことは無いのであろうか。不思議である。私の実母は妊娠中であろうと無かろうと関係無く煙草を吸う人であったなあと思い出し、然しながら私の身近に居る人々は流石に妊娠中は避けていた人が多かったなあとも思い、私ならばどうするだろうかと考えたが、恐らく妊娠したら責任感やら何やらに縛られてそれどころでは無いだろう、という結論に至った。

 

電子タバコには出来得る限り早く届いてもらいたい。様々な味のリキッドを注文したので、試してみたい気持ちがとても強い。然しながら、手数料の安さからニッセンの後払いにして貰ったが、与信審査に通るかが不安である。ニコチンに対する依存心を少しずつでも何でも構わないので早めに何とかしたいものの、煙草を買わないという選択肢にはどうしても至れない弱い私なのであった。

VAPERの模索

 

海外で電子タバコはVAPEと呼ばれており、それを嗜む人々をVAPERと云うそうである。とすると、私は愛煙家であり、VAPERでもある、ということになる。

 

今日は寒い一日だ。暑がりで寒がりとは言え、明け方から暖房に頼りきりである。節約と健康の為に禁煙することにした私は、好きな電子タバコの会社であるKamry社のX系統を踏んだ新機種のX8Jなる電子タバコを注文したのだが、お店から来た受注完了メールで発送予定日が10月31日と知らされ、やむを得ずストック用のゴールデンバットを買いに行った。隣のコンビニで今月分のインターネットの回線代を支払った後に煙草の自販機に行き、ゴールデンバットを一つ買ったところで、あろうことか売り切れてしまったので、仕方なくそこで帰宅した。明日が通院日であるのと、病院の近くにもゴールデンバットを扱っている自販機があるので、病院の帰りにでも買いに行こうかと思っている。

 

ゴールデンバットの困る点は、煙草が短い故に直ぐ吸い終えてしまうところであるが、わかばと比べてタール値も下がっている煙草に慣れる為には必要な過程と受け取っても良いだろう。今後は基本的に国内で売られている、ニコチンが含まれていないリキッドを模索する様になると思われるので、ニコチンを抜くことに身体を慣らしていかねばならない。身の振り方を考え直さねばならないと熟感じた一日であった。

不器用である

 

今日の作業用BGMはSound Horizonであった。Sound Horizonは中学生の頃から好きなアーティストの一つである。中学生の頃から好んで聴いているのはこれとALI PROJECTBUMP OF CHICKENASIAN KUNG-FU GENERATIONポルノグラフィティとB'zとくるり戸川純スピッツぐらいのものの様な気がする。私はどちらかと言えば狭く深く聴くタイプであるので、好きになったアーティストのCDは片端から借りていった記憶がある。今は亡き親戚が組んでくれたパソコンの中もまた、音源で溢れかえっていた。

 

来月は何に自己投資しようか悩んでいる。ここ5年程変わらぬカラオケのレパートリーを増やすのが良いような気もする。もうここ1年程CDを借りに行っていない。大人となった私は、昔と比べて様々な音を受け入れる耳を持つ様になった。その点も踏まえた上で、音の旅に出るのも悪くはないと思う。最寄りのTSUTAYAが中野であるが故に少し戸惑っていたが、障害者割の効くバスも出ていることだし、遠くに足を運ぶのもそれはそれで良い選択肢である筈だ。今まで借りたものの中で歌詞を暗記できていないものを借り直して、音源の中に歌詞を打ち込むのも良いだろう。あまり金を掛けずに集中出来る時間を作りたい。

 

上手く生きていくのは難しい。私の場合自分でこなせることの全てをこなしていては莫大な時間と金を要する。出来ないことが全く無いという訳ではないだけマシと解釈するのが正しいものと思うが、この器用貧乏さで苦悩してきたことも事実である。やることを絞り一つの道を極めていれば何かが変わっていたかもしれないし、親が私の出来ることにもう少しだけ関心と理解を示してくれていれば何かが変わっていたかもしれないとも思う。切り離した今となっては関係のないことである。私は自分にとって不都合であったり不愉快であるものはとことん切り離してきたが、時折その喪失感が焦燥感に化けることがある。その焦燥感への対処法をもっと深く潜っていかなければならない。無理に手にする必要のないものを何故求めてしまうのであろうか。その理由も含めて、探りたいと想う。